認知機能の見える化

自分らしい暮らしを住み慣れた地域で人生の最後までできるよう、国は医療・介護・予防・住まい・生活支援を一体的に提供される地域包括ケアシステムの実現を目指しています。しかし、2025年には「団塊の世代」が後期高齢者(75歳)となり、日本の超高齢化社会は世界でも類を見ない速さで進んでいく中で、特に認知症高齢者の大幅な増加が予想されていることは大きな懸念材料となっています。そのため、大学をはじめとした研究機関や企業には、認知症の早期診断・早期対応の仕組みの早急な開発が求められています。

弊社は認知症が認知機能の低下の一つである事に着目し、「認知機能の見える化」の構築を進めております。個人毎に認知機能の特性と経時変化を把握することで、脳の変化の予兆を掴み、軽度認知障害(MCI)やその前段階であるプレ・クリニカル期における認知症の早期発見が可能であると考えております。

「認知機能の見える化」は、既に児童の発達障害や、交通事故などを原因とした高次脳機能障害のリハビリテーション分野での研究実績があり、現在も現場で活用されています。今後は、各大学や研究機関との共同研究によりさらにエビデンスを積み上げ、認知症の早期発見システムの確立を事業の目的としております。

認知機能とは?

認知機能とは日常生活を送るうえで、物事を正しく理解し、状況に応じて適切に実行する機能の事です。見当識、注意力、記憶力、計画力、空間認識力などの機能があります。

記憶力 ものごとを忘れずに覚えている力
計画力 その場の状況に合わせて最適な計画を考え、準備する力
注意力 大切なことに意識を集中させる力
見当識 現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握している力
空間認識力 物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が3次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する力

脳活バランサーCogEvoを利用した「認知機能の見える化」

脳活バランサーCogEvoは、見当識・注意力・記憶力・計画力・空間認識力の5つの認知機能を数値で表し「認知機能の見える化」を実現します。測定結果をレーダーチャートやトレンドグラフで表し、一目で認知機能の経時変化を確認する事ができます。
クラウドシステムにより法人各施設間の情報共有も容易です。

認知機能の見える化プロジェクトとは

人それぞれが持つ特性である「認知機能」を見える化することで、
必要な環境調整の気づきになること、
そして、その人らしい生活をするための情報(暮らしのヒント・支援のポイント)を提供する活動です。

プロジェクトの取り組み

・サイトやブログを通じた情報提供、啓発活動

・地域包括ケアの現場における実践研究

・地域包括ケアの担い手に対する認知機能の勉強会の実施