日本経済新聞(1月17日発行)に掲載されました

1月17日発行の日本経済新聞にて弊社が掲載されました。
脳活バランサーCogEvoと弊社の成り立ちが紹介されております。

下記リンク先より掲載記事をご覧いただけます。

 

⦅日本経済新聞(1月17日発行) 記事を見る⦆

東京オフィス開設のお知らせ

2018年2月1日に弊社・東京オフィスを開設いたします。

【住所】〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3F

理研 「健康計測研究」に『脳活バランサーCogEvo』も参加しています

理化学研究所 「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」では、「健康であることの基準」をつくり、その基準に基づく製品やサービスの開発貢献することを目指し、多くの健康な方の身体データを取得する取り組みがなされています。

弊社も、健康の基準の一つとして「認知機能の基準」づくりに貢献するとともに、『脳活バランサーCogEvo』の性能向上により、より多くの皆様の生活に役立てるよう、2017年12月に開催された健康計測会から『脳活バランサーCogEvo』で計測に参画しています。

計測研究では、『脳活バランサーCogEvo』を用いた認知機能計測の他にも自律神経機能や体組成、血液、呼気、筋力などさまざまな測定が行われます。計測後に自分で確認できる検査もありますので、自分自身の状態を確認し、健康とは何か?を考え、また、これからの健康を支えるモノづくりに貢献できる機会にもなります。是非、神戸市近郊にお住まいの方は、参加者募集のお知らせをご覧ください。

株式会社トータルブレインケアでは、これからも『脳活バランサーCogEvo』を用いて、「認知機能の見える化」を実現し、皆様の健康や生活へ貢献して参ります。ご期待ください。

 

理化学研究所 健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス

2018年1月開催「健康計測研究」参加者募集のお知らせ(理化学研究所Webページ内)

役員変更のお知らせ

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜わり有難くお礼申し上げます。
さて、1月11日開催の定時株主総会および取締役会におきまして、下記のとおり選任され、それぞれ就任いたしました。
つきましては、今後はこの新陣容をもちまして社業の発展に邁進いたす所存でございますので、何卒倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

代表取締役社長 河越 眞介
取締役副社長 河越 裕子
常務取締役 竹内 信哉
取締役 赤羽 雄二
執行役員 和田 喜行
執行役員 槙下 伸一郎

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社では2017年12月29日(金)より2018年1月4日(木)まで、年末年始休業とさせていただきます。
期間中のお問合せに関しましては、翌営業日の1月5日にご返答させていただきます。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

2017テクノロジカル オープン・イノベーション&ネットワーキングのアドバンスドヘルステックピッチに参加します(2017年12月21日)


2017年12月21日に開催される、健康”生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス(中核機関 理化学研究所)主催のイベント「2017テクノロジカル ポープン・イノベーション&ネットワーキング」のアドバンスドヘルステックピッチに、参加します。本イベントは、神戸・大阪・京都から生まれたヘルスケア関連シーズなどの紹介と参加者のネットワーキングイベントです。

ピッチでは、弊社 代表取締役専務 河越眞介が「認知機能の見える化」を実現する『脳活バランサーCogEvo』の有する可能性について、他の事業との連携を含めた多角的な視点から簡潔明瞭にご紹介いたします。

トータルブレインケアは「超高齢社会から得られる智見を日本社会の強みに!」を胸に、様々な事業を手掛けられる皆様とともに、日本の健康と経済の向上を目指して参ります。どうぞご期待ください。

 

2017テクノロジカル オープン・イノベーション&ネットワーキング

リサーチコンプレックス三宮拠点「iKAfE」”オープン!「脳活バランサーCogEvo」が常設されています。


理化学研究所 健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス 三宮拠点 “iKAfE(あいかふぇ)” が、
2017年12月6日にオープンしました。

“iKAfE(あいかふぇ)”は、健康科学をテーマとした製品の体験やセミナーなど、市民と企業をつなぐ場です。
同日にはオープニングセレモニーが開催され、弊社の「脳活バランサーCogEvo」も参加者の皆様に体験していただきました。
オープニングセレモニーの模様は、NHKニュースや、新聞などでも取り上げられました。

“iKAfE(あいかふぇ)”には「脳活バランサーCogEvo」が常設されています。
ぜひ、“iKAfE(あいかふぇ)”にお立ち寄りいただき、「脳活バランサーCogEvo」をご体験ください。

■健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス 三宮拠点 “iKAfE(あいかふぇ)”
所在地:神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル7F

健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス

NHK NEWS WEB 兵庫 NEWS WEB 「健康ビジネスの体験施設オープン」12月6日 18時30分

500KOBE Accelerator Demo Dayでの「脳活バランサーCogEvoのプレゼンテーション」をご覧ください

東京ソラシティホールで行われた500KOBE Acceleratorでの、弊社 代表取締役専務 河越眞介によるプレゼンテーション動画を公開しています。

2分間で、認知機能の見える化が実現する未来とその方法をわかりやすくお伝えしています。どうぞご覧ください。

500KOBE Acceleratorについて詳しくはこちら

「ICTを活用して『認知機能の見える化』を実現する<脳活バランサーCogEvo>プレスセミナー」動画を公開しました

11月15日(水)に開催いたしました「ICTを活用して『認知機能の見える化』を実現する<脳活バランサーCogEvo>プレスセミナーにおいて、<脳活バランサーCogEvo>の説明と『認知機能の見える化推進協議会設立準備会』について弊社 代表取締役専務 河越眞介がお話をさせていただきました。

『認知機能の見える化』がもたらす未来について、是非動画をご覧いただくとともに、『認知機能の見える化推進協議会設立準備会』についてご興味・ご関心を持って頂けたら幸いです。

『認知機能の見える化推進協議会設立準備会』へのお問い合わせは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

第13回九州ホスピタルショウ2017 「ふくおか福祉機器展」にて「脳活バランサーCogEvo」出展いたします

11月21日(火)・22日(水)に、福岡国際会議場にて開催される第13回九州ホスピタルショウ併設「ふくおか福祉機器展」 ケアリング様ブース内にて『脳活バランサーCogEvo』を出展いたします。
ICTクラウドシステムで「認知機能の見える化」を実現する『脳活バランサーCogEvo』を、ぜひこの機会にご体験ください。

日時:2017年11月21日(火)・22日(水) AM10:00~PM5:00
場所:福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1)

九州ホスピタルショウ2017ホームページ

「ICTを活用して『認知機能の見える化』を実現する<脳活バランサーCogEvo>プレスセミナー」を開催いたしました


11月15日(水)「ICTを活用して『認知機能の見える化』を実現する<脳活バランサーCogEvo>プレスセミナー>を開催し、四ツ谷駅前の主婦会館プラザエフにて、100名を超える皆さまにご参加いただきました。

ご参加いただきました皆様方、ご登壇いただきました先生方には、深く感謝を申し上げます。

セミナーでは『認知機能の見える化』により、高齢者や認知症に関する課題を解決するばかりでなく、あらゆる世代の様々な人の生活の支援と向上につなげることを目的として情報提供をさせていただくとともに、『認知機能の見える化』を実現するためのICTクラウドシステムである、新しい「脳活バランサーCogEvo」の機能説明やデモ、体験を行いました。

また、「認知機能の見える化推進協議会設立準備会」について趣旨をお伝えいたしました。

今後とも「認知機能の見える化」という概念の普及と実装による社会課題の解決を、皆さまと共に実現して参ります。どうぞご期待ください。

認知機能の見える化推進協議会設立準備会
株式会社トータルブレインケア

「ICTを活用して『認知機能の見える化』を実現する<脳活バランサーCogEvo>」プレスセミナーを開催いたします(11月15日 東京開催)

認知症を予防し、早期に発見し適切な治療・支援へとつなげていく仕組みづくりは、超高齢化社会で大きな課題です。

<脳活バランサーCogEvo>は、認知機能を数値化し「見える化」を実現するインターネットクラウドシステムです。認知機能の特性と変化を経時変化を把握し、それをご本人や家族、専門職が共有することで、予防と早期発見につなげていきます。

今回のプレスセミナーでは、
国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター 予防老年学研究部部長 島田 裕之 先生
多摩大学大学院教授、医療・介護ソリューション研究所所長 真野 俊樹 先生
はしもとクリニック経堂院長、国立成育医療研究センターリハビリテーション科医員 橋本 圭司 先生
に、認知症の予防・早期発見に関してご講演いただき、認知機能の見える化を実現する<脳活バランサーCogEvo>の体験会を行います。

プレスセミナーのご案内(PDFファイル)

日本早期認知症学会学術大会ランチョンセミナーを共催させていただきます(10月15日開催)

第18回日本早期認知症学会学術大会に於きまして、順天堂大大学院客員教授の田平 武先生を座長にお迎えし、
「高次機能障害と認知症」~ICTによる評価システムの有用性
を国立成育医療研究センターリハビリテーション科医員、千葉大学予防医学センター客員教授
はしもとクリニック経堂院長の橋本 圭司先生にお話しいただきます。

第18回日本早期認知症学会学術大会ランチョンセミナー
2017年10月15日(日)12:10~13:10
会場:KFC Hall(両国)第2会場

神戸医療産業都市一般公開「最先端の科学と医療を見に行こう」に出展いたします(10月14日開催)

神戸医療産業都市の神戸臨床情報研究センター(TRI)にブース出展いたします。
当日は脳活バランサーCloudを体験して頂けますので、是非お越しください!

最先端の科学と医療を見に行こう(PDF)

理化学研究所健康脆弱化予知予防コンソーシアム 第1回認知機能の脆弱化予知予防研究会で発表を行いました

理化学研究所では、急激な高齢化による医療介護への影響が不可避な状況に鑑み、大学や企業と連携し研究開発及びイノベーションを加速しようとする取り組みを行っています。弊社では脳の脆弱化を予知し予防する技術について、幹事として参加しています。

https://kenko-conso.riken.jp/

500KOBE Acceleratorのピッチで脳活バランサーCogEvoのプレゼンテーションを行いました

シリコンバレーを拠点に世界50カ国1500社以上を支援する、世界で最もアクティブなシード投資ファンドとして知られる「500 Startups」が神戸市をパートナーにした本格的なアクセラレーションプログラムに参加しました。

東京ソラシティホールで行われた500KOBEAcceleratorのピッチでは、脳活バランサーCogEvoの取り組みをプレゼン。会場には多くの企業や投資家が参加され、プレゼン終了後は多数の方に弊社ブースにお立ち寄り頂きました。有難うございました。

500KOBE Accelerator詳しくはこちら

兵庫県たつの市と「認知症予防のまち」づくりに関する連携協定締結


H29年10月2日 たつの市との連携協定調印式

「認知機能の見える化」で認知症予防、(株)トータルブレインケアと兵庫県たつの市は「認知症予防のまち」づくりに関する連携協力を締結いたしました。

「認知機能の見える化」でセルフモニタリングによる認知症予防と早期発見へ。
「脳活バランサーCogEvo」による「認知機能の見える化」を提唱し実現する弊社は、兵庫県たつの市と認知症早期発見・予防に協力して取り組むこととし、平成29年10月2日付けで兵庫県たつの市と「認知症予防のまち」づくりに関する連携協定を締結いたしました。

協定内容
  1. 認知症早期発見と予防の理解促進
  2. 認知症早期発見と予防の調査及び研究
  3. 認知機能チェックツール(脳活バランサー)の運用
  4. その他認知症の方が暮らしやすい地域づくりを促進するための活動

弊社は「脳活バランサーCogEvo」による「認知機能の見える化」で、いつまでも安心して暮らせるまちづくりを支援いたします。
本件についてのお問い合わせは、お問い合せフォームよりご連絡ください。

認知機能の見える化を実現する「脳活バランサーCogEvo」は、平成29年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)です。

http://www.city.tatsuno.lg.jp/kounenfukushi/tiikihoukatu/tiikihoukatu_nintisyotoha.html