研究所が目指すもの

研究所は、『認知機能の見える化』を通じて、暮らしやすい社会の実現を目指します。
具体的には、 『認知機能の見える化』により、認知機能という概念の理解の普及とともに、個人差や特性を理解し多様な価値観や状態を認め合い尊重する社会の実現を目指します。
また、 『認知機能の見える化』に関する研究として、認知機能をわかりやすく表現する方法や、認知機能を楽しく手軽に計測する方法を研究します。
『認知機能の見える化』 から、自分自身や周囲の人の認知機能に目を向けることにより、健康増進・セルフケアの促進に努めるとともに、認知症等の認知機能の低下を引き起こす病気や体調・状況の早期発見・早期支援を図ります。そのための、暮らしの工夫や支援の方法について、情報発信、啓発活動を行います。
『認知機能の見える化』 から、誰もが住み慣れた地域に安心して、自分らしい暮らしを続けられるように、 『認知機能の見える化』 研究所は活動をしています。

研究所の役割期待

  • アセスメントの方法、生活上の課題の抽出、生活支援の具体的方法の研究
  • 支援ツールの研究および開発
  • 認知機能の文献的考察、先行研究および関連情報の探索、研究成果による啓発
  • 認知機能のアセスメントおよび結果の表現に関する研究
  • 認知機能、認知症予防や支援についての、啓発・情報発信活動
  • 支援ツールを用いた啓発活動とその支援方法の開発

研究開発

研究所では、自社の取り組みとして、「認知機能の見える化(視覚化、点数化)」と、それを活用した生活向上をテーマに、製品に関する研究や評価指標の研究、生活支援に関連した研究に取り組んでいます。また、企業や研究機関と共同して、認知機能のアセスメントや認知機能に関わる様々な社会的課題についての臨床研究を行っています。

【主な研究テーマ】

  • 認知機能の評価に関する研究 •運転と認知機能に関する研究 •運動と認知機能の変化に関する研究
  • MCIの方の進行予防プログラムとアセスメントの研究 •認知症と診断された方のリハビリとアセスメントの研究
  • プレクリニカル期・MCI期・認知症のスクリンーニングツールとしての研究
  • コホート研究における認知機能のアセスメントに関する研究
  • 保険薬局における受診勧奨ツールとしての研究
  • 地域包括ケアをつなぐICTツールとしての実践研究

これらの取り組みについては、学術発表やホームページを通じて、情報提供していく予定です。

認知機能研究会

当研究会は、日本認知症学会の理事の先生方や認知機能に関連する学会の理事長・前理事長を中心に構成されています。認知機能の見える化に関する共同研究を当研究会に所属する各大学と進め、脳活バランサーシリーズのエビデンス(科学的根拠)を創出することを目的としています。