研究開発について/認知機能研究会

当研究会は、日本認知症学会の理事の先生方や認知機能に関連する学会の理事長・前理事長を中心に構成されています。認知機能の見える化に関する共同研究を当研究会に所属する各大学と進め、脳活バランサーのエビデンスを創出して参いります。

更に産官のサポートを得てエビデンスに裏付けられた脳活バランサーを様々な分野でご利用頂き、匿名化されたデータを先生方にフィードバックすることで更に研究が推進されるというスパイラルを描くことで、世界でも類を見ない認知機能の見える化の研究を進めて参ります。

【主な研究テーマ】
  • 運転と認知機能に関する研究
  • 健常者の運動による認知機能の向上に関する研究
  • MCIと診断された方の予防プログラムのアセスメントツールとしての研究
  • 認知症と診断された方のリハビリ効果とアセスメントツールとしての研究
  • プレクリニカル期・MCI期・認知症のスクリンーニングツールとしての研究
  • 市町村単位のコフォート研究のアセスメントツーとして
  • 保険薬局における受診勧奨ツールとしての研究
  • 訪問薬局における、かかりつけ医への報告ツールとしての研究

当社と共同研究で事業提携している生命科学インスティテュート様が事務局を行っています。興味をお持ちの研究者の方はお問い合わせお待ちしています。